シングルマザーはマイホーム購入をすると後悔する??理由を解説

  • URLをコピーしました!

誰しもが一度は、マイホームを購入したいと思いますよね。

賃貸だと家賃を払い続けるだけで、自分の資産にはなりません。

ですがマイホームは、自分のライフスタイルに合わせて間取りを決めることができます。

いつかマイホームを検討したい!!

しかしシングルマザーは、マイホームを購入することができるのでしょうか。

女性一人で借金を背負うとなると、将来的な不安もありますよね。

購入したのは良いものの、払い続けることが困難となり、後悔しそうで一歩踏み出せません。

今回はシングルマザーは、マイホームを購入すると後悔するのかを解説していきたいと思います。

シングルマザーでマイホームを検討している方に、後悔しない方法をお伝えします。

是非参考にしてみてくださいね!!

目次

シングルマザーでもマイホームを後悔せず購入できる

厚生労働省が発表した「令和3年国民生活基礎調査」によると、児童のいる世帯の平均所得金額が814万円となっています。

一方「令和3年度全国ひとり親世帯等調査結果報告」によると、373万円が年間平均所得金額になるようです。

やはり子どもがいる世帯全体の半分以下の水準なので、シングルマザーでのマイホームの購入は難しそうと感じますよね。

シングルマザーにとっては高い買い物なので、後悔だけはしたくないですよね。

しかし調査によると、シングルマザーで「持ち家」に居住している世帯は34.4%となっています。

更に「母本人の名義の持ち家」に居住している世帯は、15.9%のようです。

子どもと過ごせるマイホームでの暮らしを叶えている人が、一定多数存在するのですね。

シングルマザーでもマイホーム購入については、後悔をしてないということでしょうか??

それでは実際に、マイホームを購入するとどんな利点や後悔などあるのかを詳しく見ていきましょう。

マイホーム購入のメリット

それではまずはじめに、マイホーム購入のメリットを見ていきましょう。

メリット
  • 万が一、ローン契約者に何か起こっても備えることができる
  • ローンが完結すれば、自分の資産になる
  • 長い目で見れば、経済的・精神的な負担が減る
  • 設備やセキュリティーの高い家に住むことができる
  • 建て替えやリフォームなど自分で自由に考えることができる

シングルマザーにとって、万が一の備えになることは重要ですよね。

通常住宅ローンを組む場合は、金融機関の団体信用生命保険に加入する必要があります。

団体信用生命保険とは

住宅ローン返済中に契約者に万が一のことがあったときに、住宅ローン残高がゼロになる保険のこと

なのでローン契約者がたとえ死亡したとしても、生命保険会社が住宅ローンの残債を金融機関に支払う仕組みとなっています。

万が一のことがあっても、子どもに家を残すことができるのは安心ですね。

またローンが完済すれば、そのまま住み続けることも売却してお金に変えることもできます。

固定資産税は修繕費はかかりますが、住み続けても経済的な負担が減りますね!!

他にも賃貸に比べて、セキュリティー面がしっかりしているところもポイントが高いです。

これは子育てをするシングルマザーにとって重要なことですよね!!

持ち家であれば、建て替えやリフォームなど自分好みに変えることができるのも嬉しいです。

子供の成長やライフスタイルに合わせて変更する方もいらっしゃるようですよ。

想像以上にメリットが多いので、みなさん後悔せずに建てることができたのですね。

マイホーム購入のデメリット

続いて、マイホーム購入のデメリットを見ていきましょう。

デメリット
  • 一度購入すると簡単に引っ越しができない
  • 持ち家は維持費がかかる
  • 再婚や転職や転勤などがあった場合、持ち家問題を考える必要がある

当たり前のことではありますが、マイホームを購入すると簡単に引っ越しができません。

絶対にできない訳ではないですが、それなりにお金もかかってきます。

それに比べて賃貸なら、状況に応じて引っ越しすることが可能ですよね。

長期的な視野を意識しつつ、住む場所を検討する必要があります。

またマイホームを購入すると、避けて通れないのが維持費になります。

マイホームにかかる固定資産税や修繕費は、想像以上に高いと思う方が多いようです。

設備の故障や劣化などに対応できる資金も、しっかり備えておく必要があるんですね!!

また母子2人で、ずっと生活するかはわかりません。

将来再婚をするかもしれませんし、キャリアアップのために転職し、他のところに引っ越す必要が出てくる可能性もあります。

万が一転勤になった場合は、マイホームをどうするか考えないといけないですね!!

改めて、マイホーム購入のデメリットも見直す必要がありますね。

実際にシングルマザーでマイホームを建てた人の口コミを聞いてみたいなぁ。

「シングルマザーでマイホームを建てた方の生の声を聞きたい!」と思う人は、きっと多いですよね。

TwitterとInstagramで調べてみましたが、シングルマザーでマイホームを建てた方の口コミを見つけることができませんでした…。

しかしTwitterでは、このような投稿がありました。

Twitterの投稿

  • 知り合いがシングルマザーだけど、マイホームを建てたという連絡があった!!マジですごい!!
  • 姉はシングルマザーだけど、家を建てました!!昔から努力を惜しまない姉、夢を叶えてすごい!!

シングルマザーは、子育てをしながら、しっかり仕事をして一定の収入を得ています。

子育てと仕事をしながら夢のマイホームを手に入れることは、簡単なことではありません。

しかし、努力しながら、夢を叶えている人はいるようです!!

マイホームを手に入れることには、メリットとデメリットがあります。

将来を見据えることは難しいですが、自分に合ったマイホームを探してみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

シングルマザーでマイホームを購入する場合の年収とは

シングルマザーでもマイホームを購入する人は、一定多数いらっしゃるんですね。

しかしローンを組むにあたって、シングルマザーだと立場上不利になりそう。

シングルマザーでもある程度年収がないと、ローンを組むことが難しいのではと思いますよね。

ではマイホームを購入するためには、どれぐらいの年収が必要なのでしょうか??

これから住宅ローンを申請するための、求められる年収についてお話しします。

併せてマイホームの審査を通過するポイントもお話ししますので、参考にしてみてくださいね。

住宅ローンを利用するための年収

一定の年収がないと返済の見込みがないと判断されてしまい、審査が通らなくなってしまったら大変ですよね。

ちなみに、住宅ローンの返済には月々10万円単位の支払いが必要となる場合が多いようです。

一般的な住宅ローンを利用するためには、最低でも200〜300万程度の年収が必要となります。

その年収以下となると、審査に通過する可能性はほぼないようです。

月収に換算すると25万前後から審査基準となり、これを上回ると融資を受けられる確率が高いです。

大手銀行の場合は、400万円以上の年収を条件に設定している場合もあります。

また年収だけではなく、勤めている会社の安定性や雇用形態も審査対象になるようですよ!!

どんなに年収が高い契約社員でも、年収が低い正社員の方が優遇されることも少なくありません。

年収が高くても、雇用形態で審査が通るとは限らないのですね!!

マイホームの審査を通過するポイント

住宅ローンを利用するための年収は、最低でも300万程度必要なことがわかりましたね。

それでは実際にマイホームの審査を通過するためにはどのようなポイントがあるのでしょうか。

そのポイントは大きくまとめて2つあります。

  • 自己負担金(頭金)を用意する
  • 自分にあった住宅ローンを選択する

まず自己負担金を用意することは、誰もが意識しているかと思います。

仮に3,500万円の物件を購入するにあたって、500万円の自己負担金を用意すれば、ローンの総額は3,000万円になります。

500万円あるだけでも、かなり大きな負担を減らすことができますね。

そのため毎月の返済額が減り、余裕の持てる生活を過ごすことができます。

まとまったお金を用意できれば、計画性のある人物であることをアピールできるようですよ。

また、住宅ローンにはいくつもの種類があります。

自分にあった住宅ローンはどれが適切か、一度考えてみましょう。

金融機関によって、求める条件や考え方が変わってくるようです。

高収入を求める金融機関を除いて、個々の事情に合わせてくれる住宅ローンを選択しましょう。

またローンによって、変動金利型、固定金利選択型、全期間固定金利型など様々あります。

その商品によって利率が変動することも覚えておきましょう。

自分にあった金利を選び、無理なく返済できる方法を考えた上で申請すれば、すんなりと認められることもあります。

スポンサーリンク

シングルマザーでマイホームを建てたときの間取りは??

シングルマザーでマイホームを購入するための年収を今回初めて知りました。

また自己負担金はしっかり用意すれば、生活水準を安定に保つことができますね。

マイホームはシングルマザーだと難しいと思っていましたが、希望が持てました!!

因みにマイホームを建てる際の、オススメの間取りはあるのかな??

マイホームの間取りは今後の生活を左右するので重要ですよね!!

それでは最後に、シングルマザーにオススメの間取りを紹介します。

これから家を建てようと思っている方は、参考にしてみてくださいね。

2LDK以上の間取りがあると良い

マイホームの間取りについて悩む方は多いと思いますが、2LDK以上の間取りがあると良いと思います。

その理由として、子どもや自分のプライベート空間を保つことができるからです。

確かに子どもも大きくなるので、それぞれの部屋が確保できると嬉しいですよね。

しかし子供は2人いるけど、予算的に3LDKは予算的に厳しい人もいるはず。

そういう場合は、将来的に1つの部屋を2つに分ける設計にすると初期工事費を抑えることができます。

パーテーションや家具などを上手に使って部屋を分けることもできますね!!

理想として、子どもの成長に合わせて壁を作るリフォーム可能な部屋構成にすることをオススメします。

また、リビングを見渡せる対面キッチンを選ぶ方も多いようですよ。

小さいお子さんがいる方は、料理中でも目が離せないですよね!!

また家族とのコミュニケーションも取りやすいので、オススメです。

予算があれば平屋住宅もオススメ

もし予算に余裕があるのであれば、平屋住宅をオススメします。

その理由について、下記の通りまとめてみました。

メリット
  • 上下階の移動がないので、生活がしやすい
  • 階段の設置するスペースの必要がないので、間取りの自由度が高い
  • 怪我のリスクは低く、バリアフリーの生活ができる
  • 2階建ての家より平屋住宅の方が、家族間のコミュニケーションがとりやすくなる
  • 平屋住宅は、地震や災害があった際に強い
  • メンテナンス費用が比較的抑えられる
  • フロア数が少ないので、光熱費が安くなる

家事動線がシンプルになるのは、嬉しいポイントですね!!

また高齢になった場合でも、誰かの手を借りずに生活することができますね。

ワンフロアの生活だと、自然と顔も合わせることも多くなりそう!!

他にも安定感のある設計で、建物の高さもないので耐久性に優れているのも良いですね。

平屋住宅を建てる際の、デメリットも確認しておきましょう。

デメリット
  • 部屋の中心など日当たりが悪い空間ができてしまう
  • 防犯面の対策が必要になる
  • 固定資産税が高い

日当たりが悪いのは問題ですが、中庭を作ることで対処することができます。

また防犯面についても、侵入しにくい二重ガラスなどにするなど対策をすれば問題なさそうです。

マイホームの具体的な間取りなど考えるとワクワクしてきますよね!!

是非ご自身のマイホーム計画の参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

  • シングルマザーでもマイホームを購入することができる
  • マイホームのメリットは万が一のために備えることができるなどがある
  • マイホームのデメリットは維持費がかかるなどがある
  • シングルマザーでマイホームを購入するためには年収が200〜300万程度必要である
  • マイホームの審査を通過するためには、自己負担金を用意するなどがある
  • シングルマザーにオススメの間取りは2LDK以上で、平屋住宅もオススメである

今回はシングルマザーでマイホームを購入しても後悔しないかを解説しましたがいかがでしたか??

マイホームを購入している人の多くは、後悔していない人が多い様子でした。

また後悔しないためにも、住宅ローンなどの事前調べをしっかり行うことが大切ですね。

年収や雇用形態も住宅ローンに大きな影響を与えることを学びました。

他にもシングルマザーでオススメの間取りは2LDK以上とのことでした。

平屋住宅にも憧れがあるので、考えてみたいです!!

是非シングルマザーでマイホームを検討している方は参考にしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次