種類豊富なヴァローナチョコレートのオススメを調査しよう

暮らし
スポンサーリンク

チョコレートは子供から大人まで愛されているお菓子の一つですよね。

特にバレンタインデーの季節になるとチョコレートが食べたくなりませんか??

そんな時に思い浮かべるのがヴァローナチョコレートです!!

チョコレートが苦手な方でも、ヴァローナという名前は聞いたことがあるはず!!

しかし聞いたことがあっても買ったことがないし、種類も沢山あってオススメがわからない。

今回はそんな方のためにヴァローナチョコレートのオススメを紹介します。

オススメの中からお好きなチョコレートを選んでみてくださいね。

スポンサーリンク

ヴァローナチョコレートのオススメを知る前に確認しよう

ヴァローナチョコレートのオススメを知る前に、ヴァローナチョコレートの基本情報を確認しましょう。

一般的なチョコレートとの違いや、ヴァローナの歴史などを知るだけで、より一層オススメのチョコレートについて理解が深まりますよ。

またヴァローナのチョコレートも種類が沢山あるようです。

自分がどんなチョコレートを食べたいのか、オススメを聞く前にイメージをしてみてくださいね。

ヴァローナチョコレートとは??

ヴァローナチョコレートは1922年に南フランス「ヴァレ・デュ・ローヌ」地方で誕生しました。

2022年で創業100年を迎える老舗チョコレートブランドになります!!

創業したアルベリック・ギロネ氏は一人の菓子職人として最高品質のカカオを使ったチョコレートを作っていました。

当初は、『ショコラトリー・デュ・ヴィヴァレ』という名前だったそうです。

その後1960年に「ヴァローナ」という名前が正式に確立したようですよ。

ヴァローナのチョコレートは歴史が長いんですね!!

因みに1979年に日本に進出しました。

チョコレートの原料となるカカオへのこだわりが強く、カカオ豆の原産地や種類によって風味が異なるようです。

また昔ながらの製法を活かしつつ、職人の技術も加わり、厳しい品質管理のもと最上のチョコレートが生み出されます。

ヴァローナのエピソードを聞くだけでチョコレートの美味しさが伝わってきますね。

ヴァローナチョコレートのこだわりとは??

ヴァローナは14カ国のカカオ産地と関わりがあり、現在は12カ国からカカオ豆を購入しているようです。

チョコレートはこのような工程で製造されています。

  1. カカオを栽培し、収穫をする
  2. カカオ豆を丁寧取り出し発酵〜乾燥させる
  3. カカオ豆を袋詰めして出荷する
  4. カカオ豆を洗浄し、品質を検査する
  5. カカオ豆を焙煎し粉砕させる
  6. カカオ豆をブレンドして磨砕〜精製させる
  7. 精錬して温度調節をしながら液体のチョコレートを作る
  8. チョコレートの型に流し込み冷却して固める

こんなに沢山の工程があるのですか!!

これだけ手間ひまかけて作ったチョコレートは絶対に美味しいですよね!!

一般的なチョコレートと違って、各国に契約農園があります。

カカオの栽培をはじめ収穫や発酵、乾燥まで全てヴァローナが管理をしています。

その中で選ばれたカカオ豆だけが、フランスのアトリエでチョコレートになるようです。

カカオ豆の審査基準も大変厳しそうですよね!!

因みにカカオの木はとても繊細で、よりよい状態で育てるために、気温や湿度の徹底管理や、年間降水量の条件などもありとても難しいと言われています。

高品質を保つための徹底管理や、チョコレートに対する思いを聞くと、お値段が少々高くても納得ができますね。

ヴァローナチョコレートの種類は??

ヴァローナチョコレートは、その中で5つに分類されます。

  • ブラックチョコレート(16種類)
  • ミルクチョコレート(6種類)
  • ロンドチョコレート(2種類)
  • ホワイトチョコレート(2種類)
  • インスピレーションシリーズ(5種類)

全商品を見たところ、ビターチョコレートの種類が一番多いと感じました。

チョコレートの中でビターが好きな方には特にオススメです。

カカオによって風味も変わってくるので、選ぶのに迷ってしまうかも!!

またお菓子作りをされる方は、合わせるフルーツなど素材によって決めるのもオススメです。

ミルクチョコレートはビターチョコレートよりも少ない印象です。

ブロンドチョコレートは第4のチョコレートとして話題になったとか!!

インスピレーションシリーズはフルーツ本来の味を大切にするため着色料や香料を使っていないチョコレートです。

こんなに沢山チョコレートの種類があったら誰しもが迷いますよね…。

そんな方のために次からヴァローナチョコレートのオススメを紹介します。

スポンサーリンク

ヴァローナチョコレートの人気はどれか見つけよう

続きまして、人気があるヴァローナチョコレートについて紹介します。

やっとオススメが聞けるのでワクワクします!!

ヴァローナチョコレートですが、正直にいうとどれも人気なんですよね…。

そんなヴァローナの人気チョコレートを今回はジャンルにわけてお伝えします。

気になったチョコレートがあればヴァローナの店舗へ足を運んでみてくださいね。

人気なヴァローナチョコレート!!ダークチョコレート編

それではまずダークチョコレートから紹介します。

別名ビターチョコレートと言われていて、フランス語ではショコラノワールと呼ばれているようです。

カカオの分量が微妙に違うだけで、味に変化があるようですよ。

グアナラ

こちらはカカオ70パーセントのハイカカオに分類されています。

ヴァローナのダークチョコレートといったらこちらが定番のようです。

深い苦味を感じつつ、カカオの香りが口いっぱいに広がるのが特徴です。

エクアトリアール

ダークチョコレートの中でもかなりバランスが取れている万人受けのチョコレートです。

そのまま食べてももちろん美味しいのですが、お菓子作りをされている方にもぴったりのチョコレートのようです。

お菓子作りをされている方は是非試してみてくださいね。

人気なヴァローナチョコレート!!ミルクチョコレート編

みんな大好きヴァローナのミルクチョコレートは、老若男女問わず愛されていますよね。

フランス語ではショコラオレと呼ぶそうですよ‼︎

グアナラ・ラクテ

こちらはミルクチョコレートでありながら、カカオの風味もしっかり味わえるチョコレートです。

甘さも控えめなので、ミルクチョコレートが好きだけど、少しビターが入ってるタイプがお好きな方に大変オススメです。

グアナラ・ラクテ

カカオの風味を感じながら、ミルク感もしっかり味わいたい方はこちらがオススメです。

バニラの香りの高さを存分に味わうことができますよ

人気なヴァローナチョコレート!!変わり種編

ヴァローナチョコレートにも変わり種があるのをご存じでしょうか?

個性がありつつ、どれも美味しく評価も高いので是非食べてみてくださいね‼︎

インスピレーション ユズ

インスピレーション ユズは、天然由来の原料のみで作られたチョコレートです。

着色料や香料を使っていないので自然な甘さを感じることができますよ。

シリーズとして、フランボワーズやパッション、アーモンドなど様々あるようです。

インパクトがあるチョコレートなのでパティシエ業界でも話題になったようですよ‼︎

パール・クラッカン

こちらはチョコレートをコーティングした丸い粒状のシリアルチョコレートです。

そのまま食べても良いですし、アイスクリームやパフェの中に入れてもザクザクして美味しいですよ。

お菓子作りが好きな方にピッタリのチョコレートです。

スポンサーリンク

ヴァローナのチョコレートはギフトにもぴったり!!

ヴァローナチョコレートのオススメを紹介しましたがどれも魅力的でしたね。

早速買ってみたい気持ちでいっぱいです!!

因みにヴァローナチョコレートはギフトも販売しているのををご存じでしょうか??

ご自分で購入してもいいですし、ご家族やご友人にギフトとして送っても喜ばれると思いますよ!!

ヴァローナチョコレートではぴったりのギフトがあるのでお伝えしますね。

ヴァローナチョコレートのギフト!!タブレット

オススメギフトの一つ目は、タブレットです。

まず、パッケージがとてもオシャレですよね。

よく見ると、カカオポッドやカカオの葉などが描かれていますね!!

こちらは持続可能なカカオ栽培というヴァローナが大切にしている思いが描かれたデザインとなっています。

チョコレートにもヴァローナのロゴが刻まれていて、とてもかっこいいです。

パッケージをよく見るとFSCマークが記載されており、管理された森林資源のみを利用した紙を使用しています。

100%リサイクルされたパッケージということですね!!

ヴァローナチョコレートのギフト!!キャレ

オススメギフトの二つ目は、キャレです。

フランス語で「四角」という意味だそうですよ。

キャレはカカオの風味が口いっぱいに広がるように生計された薄い繊細な形が特徴です。

1986年頃は板状のショコラが盛んだったため、ヴァローナが初めて販売した形のようですよ。

毎日お気に入りのチョコを少しずつ食べたい方にぴったりですね!!

またお客様が来られた際に、コーヒーのお供として添えても素敵ですね。

色んな味を楽しみたい方は、テイスティング用がお手頃価格で販売されているのでよかったら試してみてくださいね。

ヴァローナチョコレートのギフト!!コフレ

最後にご紹介するオススメギフトは、コフレです。

コフレというと沢山入っているイメージでワクワクしますよね!!

因みにフランス語でコフレは、ボックスという意味だそうですよ。

とにかく沢山食べたい方や、ご家族で楽しみたい方はこちらがぴったりだと思います。

コフレ・キャトルという商品はヴァローナの代表と言われている4種類(タイノリ、タナリヴァ、グアナラ、カライブ)が入ったアソートセットになります。

なんと52枚も入ってるので時間をかけてゆっくり楽しめそうですね。

ヴァローナチョコレートのコフレは種類によってお値段も様々なので、ご自身にあったコフレを見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

  • ヴァローナチョコレートは1992年に南フランスのヴァレ・デュ・ローヌ地方に誕生した
  • チョコレートの原料となるカカオへのこだわりが強く、カカオ豆の原産地や種類によって風味が異なる
  • ヴァローナは14カ国のカカオ産地と関わりがあり、現在は12カ国からカカオ豆を購入している
  • ヴァローナチョコレートの原料となるカカオの木はとても繊細で、よりよい状態で育てるために、気温や湿度の徹底管理や、年間降水量の条件などもありとても難しいと言われている
  • ヴァローナチョコレートは製菓用としても使用できるが、ギフトも展開している

ヴァローナチョコレートが世界中で愛されている理由がわかりましたね。

また紹介したオススメで気になるチョコレートはありましたでしょうか??

著者も改めてヴァローナチョコレートの魅力について知ることができました。

家族や友人とヴァローナチョコレートを食べて一緒に感想やオススメを話し合っても楽しそうですよね!!

オススメ以外にもまだまだ種類が沢山あるので是非試してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました